新しい○○

やっと、小学校と幼稚園が

段階的ではありますが、始まることになりました。

思えば3月、色々な行事をスッ飛ばして急に春休みに入ってから3ヶ月。

長かった...。

でもこれで終わりじゃない感じがひしひしとするのが怖いところです。

北九州では小学校でクラスターが発生しているようだし、なんとも歯痒いところです。

 

新しい生活様式、なんて言われていますが、

流石にこの3ヶ月で多少慣れてしまった、というか

まあ、出かけなくても大丈夫だな、って感じにはなってきています。

ストレスは溜まっていますが、だんだんそれが当たり前になってきた、というか。

しかしながら、お出かけ大好き一家ではありますので、

早く電車に乗って出かけたい!なんて子供たちは言っていますが

それでも、まあ、散歩くらいのお出かけでなんとか気を紛らわせている、という感じです。

 

新しい生活様式、新しい学年、新しい飲み会の形、

そして、私も新しいPCを購入しまして...。

あたふたとデータの移行やら、環境に慣れるべく文章を打ってみたりしています。

慣れるには多少時間もかかりそうですが

なんだかんだと新しい環境って、ワクワクしますね。

 

新しいモジュールジオラマの製作も、そろそろ始めなくてはいけませんね。

(今のところ秋に展示会の予定です)

 

新しい生活が始まる6月、不安に思うこともたくさんありますが

楽しんでいこうと思っています。

高輪ゲートウェイ!



3月14日に開業した山手線の新駅、高輪ゲートウェイ駅へ行って来ました。
山手線なんてもうずっと普通に走っているわけで
新駅ができるなんて夢にも思っていませんでした。
ホントは開業日に行きたかったのですが
3月14日は都内は雪!
しかもきっとめっちゃ混んでる!
ので次の週に延期したのでした。

駅名決定の時から色々と物議を醸し
開業した後も駅名が謎の明朝体で、またもや賛否あったりと
何気に話題に事欠かない駅です。
が、新しい駅はやっぱりというか
当然綺麗で気持ちいい!
隈研吾氏のデザインで、木がふんだんに使用された優しいデザイン。
開放的な駅舎で、田町の車両基地も眺められるという
なかなか素敵な駅でした。

実験的に無人コンビニがあったり
ロボットによるAIの案内がいたり
自動改札機が最新で、Apple Watchなどが使いやすいデザインになっていたりと
見所満載。

是非、用事がなくてもおすすめです。
久々の外出、楽しかった!

木の花




3月もなかばを過ぎ
世の中は相変わらずですが
来週には小学校も修了式、春休みに入ります。

途中からは校庭開放などもあり
子供たちが体を動かす時間に親が付き合わなくて済むようになりました。
さすがに40代と4歳が
小学生のドッヂボールには付き合いきれません…
何より友達と会えるのが嬉しいようで
毎日校庭開放の時間には学校に行っています。

桜の花も開花し、
開花した日は雪でしたが、日々暖かく
毎朝少しずつほころんでいく蕾が楽しみです。

花壇の花もいいですが、
やはり春は木に咲く花がいいですね。
人生80年なら、あと何回桜が見れるかな、なんて思いながら。

春はあまり好きではなかったのですが
最近は春、結構好きです。

早く新学期よ、始まってくれ!

夜明け



ひきこもり生活1週間。
普段子供たちを送り出してから少し体を動かしているのですが
その子供たちがずっと家にいる…
というわけで

お弁当の日と同じ時間に起きて早朝に出かけるスタイルに切り替えてみました。
夏休み中も同じ時間にやっていたのですが、
さすがに気温も明るさも違います。
でも、キンと冷えた空気とだんだん明けていく空は今時期の方が好きです。

もうすぐ咲きそうな桜並木だったり
日に日に大きく膨らむこぶしの花を眺めながら、
早朝ランニングを楽しんでいます。
気分転換にもなるしね!

早い春



文章を書くのが、以前に比べると億劫になった気がしています。
子供たちの親が集まって連絡をとる時は主にグループLINEを使っています。
チャット形式の短い文章のやりとりで
読み返しながら色々考えて文章を書くような事が減りつつあるから
友人に宛てたメールや手紙、ましてやブログなど
途中まで書いて、ああ、もういいや!となる事も少なからずあります。

不義理をしている友人への言い訳…というか、まあ言い訳です。

我が家も今日明日から学校が休み。
どうやって日々過ごそうか模索中ですが
過ぎてしまえば意外とあっという間で
イレギュラーなこの時を、後から、あんな事もあった、と振り返る事ができるといいなぁ
などと、案外ノンビリした気持ちで考えています。

少し億劫がらずに、文章を書くのもいいなあ、なんて思いつつ
早い春を楽しめるといいなと考えています。

22年ぶりの同窓会に行きました。

 

先日22年ぶりの同窓会に行ってきました。

いつも東京で年に2回くらい飲んでいるメンバーで

なんとなく「やりたいねえ」と言ったところから始まった企画。

実現するには多大な労力が必要だったかと思います。

 

懐かしい高校時代の写真や、当日欠席だった同級生たちのハガキ、

制服やジャージやコートまで展示され、

更にはよくとっておいたなあ・・と思うような

修学旅行のしおりや、日誌、ノートにいたるまで

とにかく懐かしさの洪水でした。

あの頃のようにゲラゲラ笑ってガブガブ酒を飲むという夜。

気分は未成年(18歳)、でも撮った写真には

しっかり22年の年月が写り込んでおりました。

 

翌日は母校からの招待で懐かしの礼拝堂での礼拝と

その後は体育館でのティーパーティ。

体育館の半分から向こうでは、現役の後輩たちが部活に精を出しておりました。

 

駆け足の1泊旅行でしたが、すっかり若返り

帰りの新幹線で疲れて老けて

元に戻った私でした。

 

またみんなで会いたいなあ〜〜〜〜

farewell Poorhouse

少し前に、ツイッターでは触れてきた話題ではありますが

やはりブログでも触れるべきかなと思い

ここでも思い出を、と思いました。

先日、大好きな江古田のPoorhouseが閉店しました。

もう、閉店してしまったので

それに関してとやかく言う筋合いはありません。

なので、ちょっと思い出なぞを。

最初のプアハウスとの出会いは

非常にミーハーなものでした。

当時、仕事でお世話になっていたスタイリストの方が

「江古田にカレーがめっちゃ辛くて美味しい店があるんだよ〜〜

aikoが好きそうな店だから一緒に行こうよ!」と誘ってくださっていました。

へえ〜〜〜と思いつつ、当時の住まいは下北沢。

江古田ってどこだ?くらいの感じでしたし、生活圏とあまりにも遠い場所だったのもあり

社交辞令的に誘ってくださってるのかなあ、とも思い、しかも忙しかったのもあり

なんとなく、そのままにしていたのでした。

そんな折、このPVを見ます。

当時、仕事中にJ-waveを聴きまくっていたのですが

かなりの頻度でキリンジの「エイリアンズ」が流れていました。

結構気に入って、アルバムを買うと、すっかりその音楽にハマってしまい

PVまで見るようになりました。

そこに出てくる喫茶店、これがPoorhouseなのですが、この時はまだ知るよしもありません。

よーーーーく見ると、映像に「poorhouse」の文字。


調べてみるとどうやら江古田にあるらしい。

そういえば、スタイリストさん江古田に住んでるって言ってたなあ・・と思い

「Poorhouseって喫茶店、ご存知ですか?」と聞いてみると

「だから、そのカレーの店がPoorhouseだよ!」と言われました。

それで、私はミーハーな理由でPoorhouseに足を運ぶのです。

その日は、お昼にカレーを食べ少し江古田を散策し、スタイリストさんと別れたあと

コーヒーでも飲もうかと、夕方またPoorhouseに入ります。

すると、店主が話しかけてくださり

そこからすっかり打ち解け、その1ヶ月後には江古田に引っ越ししてしまうほど

Poorhouseが気に入ってしまったのでした。

ちょっと、と言いつつ長い(笑)

Poorhouseには夜閉店間際になると常連さんが集まってきて

閉店後にまかないを食べるお店の方を横目に

お酒をいただいたり、ダーツに興じたり

当時20歳そこそこの小娘だった私には、とても居心地のいい大人の空間でした。

夜遅くまで仕事をして帰った私にまかないを分けてくれたり

そこに集まる方たちもマスコミ関係の仕事をしている方が多かったです。

夜中の常連タイムにはいないものの

休日の昼間や夜などによく見かける人もいました。

物静かで、いつも決まったものを食べている若い男性、

この人は、なぜだか朝の駅でも同じような時間に見かけ、

職場だった原宿付近でもよく見かけ、帰りの駅のホームでも見かけることがありました。

バイトの人と、「原宿あたりのセレクトショップのバイヤー説」が有力で

それなら納得、な雰囲気な人でもありました。

その人に声をかけたのは全くの偶然でしたが

職業がバイヤーではなく「グラフィックデザイナー」で、同業種、18きっぷで一人旅が好き、など

なんとなく趣味も合い、喫茶店で時間を決めてなんとなく集まるようになり仲良くなった人、

それが今の夫です。

毎年1回上京して、一緒に出かける大好きな友人も、

バイトの子と結婚した男友達も

今も、これからも、店で出会って繋がっている関係は続いていきます。

私の20歳からの20年にはPoorhouseがありました。

ただ、それだけの話です。

さようなら、poorhouse。

weekly aozola-ichi vol.39

 

 

お久しぶりの手書きブログ。

カラーでお届けいたします。

ご来場くださったみなさま、ありがとうございました。

打ち上げでのヒトコマ。ユーリンチー。うっま。ビールすすむ。

 

 

先日の、ホビーセンターKATOでのイベントにお越しくださったみなさま

ありがとうございました。

 

ジオラマって作っても、ほとんど自己満足になってしまい

私みたいなサークルに所属していない者なんか特に

みなさんの目に触れる機会って、ないに等しいと思うのです。

 

そんな中、年に3回ほどホビーセンターKATO東京店(鉄道模型好きの聖地)で

ゲスト枠として、飛び入り参加できるイベントをやってくださっている

特攻野郎Bチームさんには、感謝してもしきれないほどです。

 

Facebookでの繋がりやJAMでの出会いで、気にかけてくださっている方や

ジオラマ教室でお世話になっている講師の先生も

見に来てくださったりして(雑誌などに掲載されるような素晴らしいジオラマを作られる方々です)

本当に嬉しかったです。

 

あと、なんなんでしょうか、

スッゴク下世話な言い方をすると

みなさまにお褒めいただく度に、自分の承認欲求が満たされるのを感じる2日間でした(笑

 

また、次回は6月とのことで

できるだけ新しいものを作って参加できるように頑張ろうかなと思っています。

 

ほんと、ありがとうございました。

 

コチラのページに当日の様子や私の持ち込んだジオラマの写真がありますので

よかったらご覧ください。

a happy new year 2018

 

あけまして おめでとうございます。

放置甚だしいブログですが

今年もよろしくお願いいたします。

 

昨年は新しい仕事や出会いのある一年でした。

今年は、その新しい部分を伸ばせる一年になるといいなと思っています。

ここでもそんなお知らせもできたらいいです。

 

 

 

お知らせ

 

メタポゾン 11号

切通理作先生の連載にイラストを描かせていただいています。

新宿のベルクなどで取り扱いがあるようです。

よろしかったらぜひごらんください。

 

私のプロフィールに、「一児の母」とありますが

古いプロフィールでして...(笑)

二児の母が正しいです。

 

http://www.metaposon.com/works.html